キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車

f:id:bouquetfragrance:20210612164455j:plain

キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 4両セット(10-1600・KATO)

f:id:bouquetfragrance:20210612164616j:plain

キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 単品・M(6127・KATO)

f:id:bouquetfragrance:20210612164731j:plain

キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 単品・T(6128・KATO)

f:id:bouquetfragrance:20210612164829j:plain

キハ28形3000番台 パノラミックウインドウ (6129・KATO)

ぼくの所有する、Nゲージに、キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車があります。

 

キハ58系1100番台 パノラミックウインド 急行形液体式ディーゼル気動車は、1967年(昭和42年)から1968年(昭和43年)にかけて作られた、キハ58系・急行形液体式ディーゼル気動車の8次車と呼ばれる、最終製造グループで、名古屋以西に配置された暖地仕様のディーゼル気動車であって、ほとんどが、近畿・山陰地方に集中配置された液体式ディーゼル気動車です。

 

福知山でもキハ58系・急行形液体式ディーゼル気動車のキハ58形1100番台・キハ28形1000番台 パノラミックウインドウが新製配置されていて、その後、AU13B形・冷房車装置を搭載し、電源用として、4DQ-11Pディーゼル機関+DM72形を3両分給電するようにした、4VK-88B+DM83B形・ディーゼル発電機(ダイハツディーゼル製・90PS-70KVA)・1基を搭載した事から、キハ28形1000番台+2000番台で、キハ28形3000番台になりました。

その後、1985年(昭和60年)3月14日のダイヤ改正に伴う、急行「きのくに」の廃止に伴い、キハ58形1100番台の一部が、和歌山機関区から転属されたりしてきて、経年劣化のキハ58系・急行形液体式ディーゼル気動車の、初期車の一部を置き換えており、急行「丹後」・「丹波」・「但馬」などの京都府兵庫県旧国名に由来する優等急行列車に充当されてきました。

その後、1986年(昭和61年)11月1日の福知山線電化に伴う急行「丹波」(大阪発着)廃止により、急行「丹後」(京都発着)・急行「但馬」(姫路発着)に回され、JR西日本発足・継承後も、急行「丹後」だけは、2両目にキロ28形・急行形液体式ディーゼル気動車グリーン気動車を連結させて運転され、かつ国鉄急行色を堅持しながら、正統派急行列車として、1996年(平成8年)3月16日のダイヤ改正で廃止されるまで、30年間走って来ました。

 

キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車は、Nゲージでも、TOMIX(トミックス)から、すでにHGモデルとして発売されておりますが、今回 購入・納車したキハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車は、2020年11月26日(出荷日・2020年11月25日)に、KATOから新発売されたものです。

 

2020年12月5日に、まず、キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車の4両セット・10-1600(KATO)を、2021年2月15日には、同・バラ売り単品 3両を購入・納車しました。

 

いずれも、メーカー直送!ホビーセンターカトー鉄道模型オンラインショップ(KATO 公式オンラインショップ・インターネット通販サイト)に注文して、購入・納車しました。

 

本当は、店舗に行った方が早かったのですが、新形コロナウイルス感染及び蔓延拡大防止の為、やむなく、メーカー直送!ホビーセンターカトー鉄道模型オンラインショップ(KATO 公式オンラインショップ・インターネット通販サイト)に注文せざる得なかったのです。

 

前者は21468円で、後者は、16496円で購入・納車したもので、いずれも、宅配業者に支払って商品を受け取りました。

特に、後者・バラ売り単品 3両は、KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ 2021(25-000・KATO 2200円)との同時配送で入りました。

 

その後・キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車の、キロ28形2500番台 キロ28形2512号車だけは、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 1個)を自分でつけたのですが、キハ58形1100番台・キハ28形3000番台の先頭車・3両は室内灯(LED室内灯・クリア 11-211・1両分 3個)の他に、ジャンパ栓のパーツ部品を取り付ける必要が生じた事から、自分で取り付けるのが困難な事からKATO 京都駅店(カトー京都駅店)を通じ、KATO CUSTOM SHOP 東京 カトーカスタムショップ東京(ホビーセンターカトー・東京店内)に送って取り付けてもらう事とし、4月15日同店から甲種輸送で運ばれて、KATO CUSTOM SHOP 東京 カトーカスタムショップ東京に搬送され入場しました。

 

6月1日には、KATO CUSTOM SHOP 東京 カトーカスタムショップ東京(ホビーセンターカトー・東京店内)から、室内灯及びジャンパ栓パーツ部品を取り付けた、キハ58形1100番台・キハ28形3000番台の先頭車をいれた、キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車 4両セット・10-1600(KATO)が、ゆうパックでぼくの家に入り、6360円の請求が来たので、郵便振替で支払いました。

 

いずれも、北近畿・三丹(丹波・丹後・但馬)・若狭(嶺南)・山陰(北陸)など、水のきれいな日本海を縫うようにして走る、環日本海圏地方(通称 海の京都地方)の鉄道に縁の深い車両であり、当然・福フチの表記入りとなっているモデルです。

 

今後共、急行「丹後」(京都~網野・豊岡・城崎(現・城崎温泉)・東舞鶴敦賀・福知山間)の再現運転に是非・Nゲージ キハ58系1100番台 パノラミックウインドウ 急行形液体式ディーゼル気動車 (KATO)を活用したいと想い、願っております。

KATO鉄道模型ホームページ | 製品詳細 | キハ58系 (パノラミックウインドウ)