オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(7)

ついに、函館2歳ステークスの優勝馬に輝いた、ガドウイックエクスプレス(ベッラミンニNo2047 父 ウートンバセット 母 ベッラミンニ 牡・2歳 毛色・鹿毛)は、検査施設を出て、お立ち台に立ち、口どり式に参列し、馬主の優広さんをはじめ、関係者らに記念撮影をしました。

 

函館2歳ステークスの表彰式では、ガドウイックエクスプレス(ベッラミンニNo2047)の馬主・優広さんをはじめ、関係者に1着賞金を受け取りました。

函館競馬場を後に市電で函館駅前に着いた、ベッラミンニNo2047(競争名・ガドウイックエクスプレス)の、馬主・優広さんらは、JR北海道・函館線 札幌行の特急「北斗」(キハ261系1000番台)で八雲(二海郡・八雲町)へ帰路につき、同駅で下車しました。

 

二海郡・八雲町の自宅に着いた、優広さんらは、同家にて、ガドウイックエクスプレス(ベッラミンニNo2047)の戦勝会をしました。

 

正雄さんなど家族のみではありましたが、オーストラリア・ニューサウスウエールズ州生まれの、ベッラミンニNo2047(競争名・ガドウイックエクスプレス)の勝利話で盛り上がりました。

 

渡島総合振興局管内・二海郡・八雲町に自宅を構える、優広さんは、ベッラミンニNo2047(競争名・ガドウイックエクスプレス)の、次走の出走レースは未定ですが、札幌2歳ステークスすずらん賞(いずれも、札幌競馬場)のいずれかのレースに出走させるとのことを話しました。

 

優広さんも、優貴さん(函館市末広町在住)と同様、函館新聞(函新・はこしん 函館新聞社)を購読している家族の1人で、正雄さんも朝日新聞(朝刊統合版 函館(渡島)・江差(檜山)版 朝日新聞社・東京本社・北海道支社)を愛読しながら、漁を営んでは、楽しみにしております。

ファンタジーちゃん「優広さんお帰りなさいでちゅ、ガドウイックエクスプレスの勝利は素晴らしかったでちゅか。」

優広さん「素晴らしかったし、1着賞金をもらうことができて、うれしかったですよ。」

裕美さん「金曜日に北洋銀行・八雲支店に行き、電気などの公共料金を支払い(入金)しに行ってきましたよ。」

 

優広さん「そうか、電気(北電・ほくでん 北海道電力)などの引き落としはあったのですか。」

裕美さん「月末に引き落としがあるから、そのための入金を21日・金曜日にしてきましたよ。」

新聞販売店のおじさんがきて、こんにちは、朝日新聞です、集金に来ましたと話すと。

 

優広さん「新聞の訪問集金ですか。」

 

新聞販売店員「そうですよ、朝日新聞です。」

 

優広さん「函館新聞(優広さん)と朝日新聞(正雄さん)の代金をいただきます。」

優広さん「3万円で。」

 

新聞販売店員「3万円お預かりします。」

 

新聞販売店員「お釣りをお受け取り下さい、ありがとうございました。」

 

優広さん「これで新聞購読料の支払いを済ませた。」

 

ちなみに、二海郡・八雲町の住民税・道民税も奥さんの弓子さんが、北洋銀行・八雲支店(北海道銀行・道銀 どうぎん 八雲支店も利用する場合もある。)で済ませておくとのこと、いずれも、口座振替による支払いとのことです。

 

優広さん「ここにいると、過ごしやすいよ。」

 

電話「プルルルルルルルルルルルル!」

 

優広さん「電話だ。」

優広さん「もしもし、優広さんです。」

若君さん(石狩市石狩振興局管内 札幌圏)「若君さんだが。」

優広さん(二海郡・八雲町・渡島総合振興局管内・函館圏)「若君さんですか、夜分に申し訳ないが。」

若君さん(石狩市石狩振興局管内・札幌圏)「マントヴァ 函館2歳ステークスで、2着になるなんて、くやしいよ。」

優広さん(二海郡・八雲町・渡島総合振興局管内・函館圏)「次走は、札幌2歳ステークスか、すずらん賞か、いずれになるが、札幌競馬場での2歳馬限定の特別競走に参戦することになるが、ベッラミンニNo2047(競争名・ガドウイックエクスプレス)を出そうと想い、願っているところですよ、9月上旬になりますが。」

若君さん(石狩市石狩振興局管内・札幌圏)「何を札幌で2歳の特別競走に参戦するのか、若君さんも、ディアーティエの2047(競争名・マントヴァ)で決着をつけてやる、9月上旬か、その時には、札幌で会おう。」

優広さん(二海郡・八雲町・渡島振興局管内・函館圏)「では、夜分遅いので、これで失礼します、さよなら。」

若君さん(石狩市石狩振興局管内・札幌圏)「さよなら!」

 

優広さん「9月上旬に、札幌で再戦か、ぼくも悩む所だよ。」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、電話あったの、ご主人様、ベッラミンニNo2047!」

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、若君さんから電話があって、札幌2歳ステークスすずらん賞のいずれかになるが、札幌競馬場での特別レースに、9月上旬になるが、参戦する様であるが、ガドウイックエクスプレスもレースに出ては、連勝をしてほしいと願っている、なあ、ガドウイックエクスプレスよ。」

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、ぜひ出て、連勝を果たしていき、生まれ故郷・オーストラリア・ニューサウスウエールズ州を想い出してほしい、なあ、ご主人様、大好きだよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、burururururururus!」

(8へ。)

 

 

 

 

オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(6)

いよいよ、2歳馬のチャンピオンを決める、2歳ステークスが各地の競馬場で相次いで開催されます。

 

そのトップを切って、函館競馬場で行われる、農林水産大臣賞典 函館2歳ステークスが、函館競馬場函館市駒場町)で行われるとのことで、道内各地はもちろんのこと、本州・九州などから馬主さんたちが持ち馬を送り出して、集い、参戦します。

 

まず、優広さんらは、JR北海道・函館線 特急「北斗」(キハ261系1000番台)で、同線・八雲から、函館へむかい、ここから、函館駅前から競馬場へむかいました、優広さんの持ち馬の拠点競馬場だけに、相当応援し制覇して見せる想いが伝わってきます、渡島総合振興局管内・二海郡・八雲町からの参戦なので、2連勝させて、帰りたいところです。

それに対し、若君さんらは、石狩振興局管内・石狩市から北海道中央バスで大通経由で新千歳空港に行き、同空港発の全日空ボーイング797形・ジェット旅客飛行機)で函館空港に降り立ち、バスで競馬場前に移動し。函館入りしました、ただし、新千歳空港から、函館空港に行く飛行機(全日空)は、1日2本のみなので、事前に確認が必要になります。

秀彦さんらは、釧路総合振興局管内・釧路市阿寒町から、前日に出て、マイカーでやってきました。

瑞秀さんも、オホーツク総合振興局管内・網走郡大空町から、マイカーで函館競馬場入りしました。

このほか、本州(四国)・九州からも、持ち馬の応援のために、飛行機などで、馬主さんが函館競馬場入りし、応援にむかいます。

 

函館競馬場パドックと呼ばれる、馬の下見所には、2・3戦目を迎える馬が周回していました。

 

出走馬が、馬道を通り、本馬場入場に入り、返し馬に散ると、多くの競馬ファンが、馬券購入しに行っていました。

 

ここ、函館は、いかの町。

 

近年・不漁が続いている、烏賊漁、海流の変化により、鰤というさかなが豊漁で取れるようになり、函館の新メニューとして注目されているようです。

焼きピロシキや、はこだてチャウダーという、新メニューが登場している、函館も、異国情緒に満ちた街ですし、函館市を所在地としている、渡島総合振興局管内の町は、優広さんの住む、二海郡・八雲町など、たくさんの自治体に及び、隣接する檜山振興局管内の檜山郡江差町檜山振興局所在地)では、伝統のにしんそば・史伝にしん丼などのメニューが出たり、爾志郡乙部町では、道内初の塩とんこつラーメンが登場するなど、道南地方のグルメも新時代を迎えているようです。

一方で、北渡島にむけると、毛ガニ(大栗ガニ)の水揚げでは、渡島総合振興局管内で唯一の港・長万部国縫両漁港(いずれも、渡島総合振興局管内・山越郡長万部町)が群を抜いており、特産品の毛ガニ(オオグリガニ)を使用した、カニめしが食欲をそそります。

スタート地点に一斉に集まり、いよいよ輪乗りを行っていて、同じ渡島総合振興局管内に属する、酪農・木彫り熊・バター飴発祥の地・二海郡・八雲町に在住する、優広さんの持ち馬がゲートインを迎えるのようで、2戦目に入る、函館2歳ステークスの結果がいかに。

 

ファンファーレとともに、函館2歳ステークスのゲートインが始まり、ベッラミンニNo2047 (競争名・ガドウイックエクスプレス)のゲートインが完了しました、もちろん1番人気での出走です。

 

半数近くがゲート内に納まっております、後は、偶数番号のゲートインを終えるのを待つのみになりました。

 

最後の2頭の枠入りも完了したとのことです。

 

ゲートオープンと同時に、農林水産大臣賞典・函館2歳ステークスのスタートが切られましたが、出遅れはさほどなく、綺麗な飛び出しを見せております。

 

先行争いから見てみると、エリノユウスケ・ガドウイックエクスプレス・エドノカゼ・マントヴァジェロニモス・ユーカラ・ザンギ・トリノプリンスの順で、1・2コーナー入り、800mの標識を過ぎます。

 

800mを過ぎ、エリノユウスケが先頭に立つのですが、ガドウイックエクスプレス・マントヴァも先行争いにて、4コーナーから直線コースに入り、勝負に出ます。

 

エリノユウスケ先頭に立っておりますが、外からガドウイックエクスプレス・マントヴァの2頭がおってきて、ガドウイックエクスプレスがエリノユウスケをかわして先頭にたち、2番手に下がったエリノユウスケはさらに、マントヴァにかわされ、3番手に落ちていました。

 

ガドウイックエクスプレスが、1着でゴールイン板を通過しました。

 

2着が、マントヴァで、3着には以外にもエリノユウスケが入りました。

 

見事に、函館2歳ステークスの優勝馬にかがいたのは、ガドウイックエクスプレスで初優勝となりました。

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、やった、ご主人様、勝ったぞ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、Brurururururururus!」

 

ディアーティエの2047「ヒヒ~ン、くやしい、おのれ、惜しくも2着、前走・未勝利戦で初めて勝利を果たしたのに、2敗目を帰した、次走は勝利してやる、ディアーティエの2047!」

レターグレースの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、惜しい、3着、次走は勝利を果たして見せる、レターグレースの2047!」

ディレヌの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、4着とは以外で、くやしい、次走は勝利したい、ディレヌの2047!」

ラディルクーアの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、5着、惜しかった、次走は勝利して見せる、ラディルクーアの2047!」

 

農林水産大臣賞典・函館2歳ステークス

 

1着 ガドウイックエクスプレス

父 ウートンバセット 母 ベッラミンニ 毛色・鹿毛 牡・2歳

 

馬主 優広さん

北海道・渡島総合振興局管内・二海郡・八雲町

生産者 クールモア・オーストラリア

オーストラリア・ニューサウスウエールズ

馬名由来・メンコ

正雄さんが、タムラマル=戦国の武将で青函航路の船名であり、越渡島(蝦夷地)とシャクシャインの戦いをあしらったものを使いたいと考えたのに対し、弓子さんは、ミラノストリート=イタリアの通り名で、ヴィットリーオ・エマエーレ2世のガッレリアを推薦、裕美さんとアリスさんは エッフェルタワー=フランスのタワー名 エッフェル塔・モンマルトル・クレーストリートをあしらったものを主張、グラシアさんはフュッセンリゾート=ドイツのフュッセンから ロマンティック街道・ホプフェンをあしらったものを採用したいと云いだし、白銀さんがノダオイ=八雲町の集落名 噴火湾パノラマパーク・梅村庭園をあしらったものを使いたいと云いだしましたので意見が分かれました、結局・最終的には、優広さん・ファンタジーちゃんが命名したいと云った、ガドウイックエクスプレス=イギリス ロンドン~ガドウイック エアポート・ブライトン間の列車名 387系電車「エレクトロスター」・ガドウィックエアポート・ロイヤル パビリオン・ブライトンピアをあしらったものに決まりました・外国産馬

 

2着 マントヴァ

父 クリソベリル 母 ディアーティエ 毛色・鹿毛 牡・2歳

 

馬主 若君さん

北海道・石狩振興局管内・石狩市

生産者 ノーザンファーム

北海道・胆振振興局管内・勇払郡・安平町早来源武

馬名由来・メンコ

中世イタリアに存在した君主国名と、イタリア・マントヴァ県県都マントヴァにある、ソルデッロ広場をあしらったものを採用し、制定しました 北海道産馬。

 

3着 エリノユウスケ

父 キタサンブラック 母 レターグレース 毛色・黒鹿毛 牡・2歳

 

馬主 清一さん

北海道・胆振総合振興局管内・勇払郡厚真町

生産者 イーストスタッド

北海道・日高振興局管内・浦河郡浦河町

馬名由来・メンコ

四国の襟野川+人名 襟野川があしらわれている。

 

4着 ジェロニモ

父 スクワートルスクワート 母 ディレヌ 毛色・黒鹿毛 牡・2歳

馬主 秀彦さん

北海道・釧路総合振興局管内・釧路市阿寒町

 

生産者 ストーンフィールドファーム

熊本県菊池郡大津町

馬名由来・メンコ

ポルトガル 首都・リスボンベレン地区にある修道院名で、ジェロニモ修道院があしらわれている 熊本県産馬

 

5着 トリノプリンス

父 ニューイヤーズデイ 母 ラディルクーア 毛色・鹿毛 牡・2歳

馬主 千一郎さん 

北海道・上川総合振興局管内・上川郡・上川町

生産者 追分ファーム

北海道・胆振総合振興局管内・安平町・追分向陽

馬名由来・メンコ

トリノの王子という意味(イタリアの地名+王子) イタリア・トリノの町をあしらっている。

 

1~7着までの競走馬は、ドーピング検査を受けたが、6着の馬から禁止薬物が見つかり、出走停止となりました(エドノカゼ)ほかの6頭は、禁止薬物は検出されませんでした。

 

優広さん「おめでとう、ガドウイックエクスプレスよ、よく走った、これで連勝ということになった、1番人気にこたえたね、次走も元気で3連勝をめざそう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ!」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、2連勝を果たしたぜ、次走も3連勝を果たせるよう、オーストラリア・ニューサウスウエールズ州を想い出してやりながら応援をしてほしい、ご主人様、ぼく、ご主人様が大好きだよ、なあ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、burururururururus、Fu~!」

 

若君さん「マントヴァ、なんで2着になったのか、くやしい、次走は勝利させたい、マントヴァ!」

ディアーティエの2047「ヒヒ~ン、おのれ、惜しくも2着、次走は勝利してやる、ディアーティエの2047!」

清一さん「惜しい、エリノユウスケ、3着か、次走は勝利させたい、エリノユウスケ!」

レターグレースの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ちくしょう、次走は勝利させたい、レターグレースの2047!」

秀彦さん「ジェロニモス 4着、惜しいことした、次走は勝利させたい、ジェロニモス!」

ティレヌの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、くやしい、次走は勝利させる、ティレヌの2047!」

千一郎さん「トリノプリンス、5着で惜しかった、次走は勝利させたいよ、トリノプリンス!」

ラディルクーアの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、くやしい、次走は勝利させて見せる、ラディルクーアの2047!」

(7へ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(5)

メイクデビュー・東京 1着から一夜明けた、朝。

 

拠点先の、函館競馬場・佐彦厩舎(北海道・渡島総合振興局管内・函館市駒場町)。

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、調教師さん、よく寝れたよ、ベッラミンニNo2047!」

 

佐彦調教師さん「よく寝れたね、昨日は、メイクデビュー・東京 1着になったね、おめでとう。」

 

優広さん「こんにちは。」

佐彦調教師さん「馬主さんですか、いらっしゃい。」

優広さん「ガドウイックエクスプレスの調子はどうでしょうか。」

佐彦調教師さん「すっかり調子もいいですし、放牧休養に出させます。」

優広さん「そうですか、よろしくお願いします。」

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、元気に過ごしているか。」

 ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、これから、放牧休養に出させるし、見に来てほしい、なあ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、Brurururururururus、Fu~!」

休養を取り、2戦目での連勝に備えよう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ。」

 

ガドウイックエクスプレス(ベッラミンニNo2047)が、放牧休養先に選んだのは、お隣の胆振総合振興局管内・白老郡・白老町にある、社台コーポレーション・白老ファームで、オーストラリア産馬などの放牧・休養のほか、競走馬の生産を行っている、社台グループに属する牧場です。

 

優広さんは、八雲から白老までは特急「北斗」(キハ261系1000番台)で、白老から社台までは普通列車(H100形)で社台に移動します。

優広さんが特急「北斗」を降り立った白老は、白老郡・白老町に属する駅で、駅前には、民族共生象徴空間「ウポポイ」があり、同施設のオープン以降、観光客の増加が増えており、感染対策を取ったうえで、入場していることも多いでしょう。

それはともかく、普通列車で社台に移動し切符を渡して、下車します。

社台コーポレーション・白老ファームに着いた、優広さん。

 

事務所で「ガドウイックエクスプレスが休養で来ているので、見学をお願いしたいのですが。」

社台コーポレーション・白老ファームの人は、「優広さんで馬主さんですか、いいですよ、どうぞ。」と、許可をもらいました。

 

優広さん「念のため消毒などを済ませてあります、事務所内の受付で、済ませました。」

 

白老ファームの人が「ガドウイックエクスプレスが来ましたよ、これから、放牧をしますから。」

 

「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

「パカッ。」

「Neigh!」

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、よくここまで来たね、ご主人様、ベッラミンニNo2047!」

 

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、君は、オーストラリア生まれの鹿毛馬だよ。」

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、ぼくのことをわかっているね、大好きだよ、ご主人様、burururururururus!」

 

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、しっかり休養を取って、2戦目のレースに挑んでいこう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ。」

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、大好きだよ、ご主人様、今後もぼくを、大きい体に成長して見せるから、生まれ故郷・オーストラリア ニューサウスウエールズ州を想い出して応援してほしい、なあ、大好きよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、burururururururus!」

 

優広さんは、白老ファームの人に「今後、ガドウイックエクスプレスのことを、よろしくお願いします。」といったら、白老ファームの人は「任せて下さい。」と答えたとのことです。

 

優広さんは短い時間ではありましたが、白老ファームを後に、社台駅に入り、普通列車東室蘭行(H100形)に乗車し白老へ行き、白老までの運賃を現金で精算しました。

白老駅で「白老味の散歩道」という、同駅初の駅弁を購入し、特急「北斗」函館行(キハ261系1000番台)に乗車し、八雲へ戻りました。

 

「北斗」(261系1000番台)の車内では、「白老味の散歩道」という弁当を賞味し、白老の味に触れたとのことです。

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、次走もしっかり応援し、生まれ故郷・オーストラリア・ニューサウスウエールズ州を想い出すようにしてほしい、なあ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、Brurururururururus!」

優広さん「ありがとう、ガドウイックエクスプレスよ、しっかり走って2戦目を制覇し、重賞競走を目指し、走って錦を飾ろう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ。」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、忘れないで応援してほしい、大好きだよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、Brurururururururus、Fu~!」

(6へ。)

 

 

 

 

オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(4)

メイクデビュー・東京 出走馬で1~3着に入賞した馬を尿検査を受けるため、検査施設に入れて、おしっこ(尿)を検査筒に入れて検査したところ、1~3着の馬からは、禁止薬物は、見つかりませんでしたが、11着の馬からは、禁止薬物が見つかり、出走停止になりました。

 

口どり式では、ガドウイックエクスプレスがきて、写真撮影を済ませました。

 

レース後、優広さんは、函新・はこしん(函館新聞 函館新聞社)の取材に対し、

「ガドウイックエクスプレスが、新馬勝ちを決めるに至りました、次走も連勝してほしいと、願っていて、ファンタジーちゃんという、スーパーベビーも喜ばせるような馬にしたいなと想い、願っております。」と述べてもらいました。

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、勝ててうれしい、カポ、カポ、カポ。」

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、優勝できてうれしいだろう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ!」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、オーストラリア・ニューサウスウェールズ生まれなんだから、しっかり応援をし、愛してほしい、なあ、ご主人様、ベッラミンニNo2047 Bururururururururuds、Fu~!」

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、次走も、連勝できるように走っていこう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ!」

ベッラミンニNo2047 「Neigh、ご主人様、大好きだよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、Bururururururu!」

 

東京競馬場を後にした、優広さんらは、府中本町から武蔵野線を西国分寺経由国分寺から、中央本線・東線「特快」(E233系0番台)で新宿へ、山手線(E235系0番台)に乗り継ぎ、東京でお土産を買いに、ニューヨーク・パーフェクトチーズケーキ(775円)を購入した他、ワッフル10個セット・2を購入、そのあと、チキン弁当を購入して、東北・北海道新幹線はやぶさ」(E5系・H5系)に乗車し、チキン弁当を賞味しながら、新函館北斗へ移動、新函館北斗から、函館線 特急「北斗」(キハ261系1000番台)で、八雲(二海郡・八雲町)に移動して下車、家路に着きました。

(5へ。)

 

 

 

オセアニア州・オーストラリアで生まれた ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(3)

メンコ

1着 正雄さんは、越渡島(蝦夷地)とシャクシャインの戦いをあしらったもの タムラマル=戦国の武将で青函航路の船名を使いたいのに対し、弓子さんはポルティ・ペッツオーリ美術館 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア ミラノストリート=イタリアの通り名を推薦、裕美さんとアリスさんは、エッフェル塔・モンマルトル・クレーストリートをあしらったもの エッフェルタワー=フランスのタワー名を主張、グラシアさんはロマンティック街道とホプフェンをあしらったもの フュッセンリゾート=ドイツのフュッセンからを採用したいと云いだし、白銀さんが噴火湾パノラマパーク・梅村庭園をあしらったもの ノダオイ=八雲町の集落名を使いたいとしていて意見が分かれました、結局・最終的には、優広さん・ファンタジーちゃんが描きあしらってメンコで使用したいと云っていた、387系電車「エレクトロスター」・ガドウィックエアポート・ロイヤル パビリオン・ブライトンピアをあしらったもの ガドウイックエクスプレス=イギリス ロンドン~ガドウイックエアポート・ブライトン間を結ぶ列車名に決まりました。

 

2着 イタリア・マントヴァ県県都マントヴァにある、ソルデッロ広場をあしらったもの マントヴァ=中世イタリアにて存在した君主国名を採用し、制定しました。

 

3着 ジェロニモ修道院 ジェロニモス=ポルトガルの首都・リスボン ペレン地区にある修道院名があしらわれている。

 

4着 北海道の叙事詩を描いたもの ユーカラアイヌ語叙事詩という意味があしらってあります。

5着 釧路発祥の ザンギをあしらったもの ザンギ=唐揚げの一種 にしました。

 

ベッラミンニNo2047「Neigh、勝った、ご主人様、うれしい、なあ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、ブルルルルルルルルルルル、フ~!」

優広さん「やったな、ガドウイックエクスプレスよ、よく走った、おめでとう、次走も連勝できるように走ろう、なあ、ガドウイックエクスプレスよ!」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、ボトボトボトボトとうんこ(💩)出しながら、故郷・オーストラリアを想い出してほしい、なあ、ご主人様、大好きだよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、ブルルルルルルルルルルル、フ~!」

優広さん「ガドウイックエクスプレスよ、重賞競走を目指して、走れ!」

ベッラミンニNo2047「Neigh、ご主人様、大好きだよ、ご主人様、ベッラミンニNo2047、ブルルルルルルルルルルル!」

若君さん「マントヴァ、惜しくも2着に終わったか、残念だね。」

ディアーティエの2047「ヒヒ~~~~~~~~~~~~~~ン、おのれ、次走は勝利してやる、ディアーティエの2047!」

秀彦さん「ジェロニモス、3着と惜しいことになった、次走は、勝利を目指そう、ジェロニモス!」

ディレヌの2047「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、くやしい、次走は、勝利して見せる、ディレヌの2047!」

瑞秀さん「ユーカラ、4着・次走は、初勝利しよう、ユーカラ!」

アウトロースターの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、次走は勝利する、アウトロースターの2047!」

定一さん「ザンギ、5着でレースを終えたか、次走は、勝利しよう、ザンギ!」

ジェントルレディースの2047「ヒュヒュヒュヒュ~ン、くやしい、次走は勝利させて見せる、ジェントルレディースの2047!」

(4へ)

 

 

  

オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047(2)

いよいよ メイクデビューで競走馬デビューの時が来ました。

 

6月・東京競馬場に来た、優広さん。

 

優広さんらは、二海郡・八雲町から、函館線・特急「北斗」(キハ261系1000番台)で新函館北斗に移動、ここから、東北・北海道新幹線はやぶさ」(E5系・H5系)で東京へ、山手線(E235系0番台)で新宿に移動し、中央本線・東線「特快」高尾行(E233系0番台)で国分寺へ、普通で西国分寺へきて、武蔵野線E231系0番台)で府中本町へ、フジビューウオークを通り、東京競馬場に来ました。

若君さんらは、石狩市から、北海道中央バス札幌大通経由で、新千歳空港に行き、ここからは、全日空 ボーイング787形・ジェット旅客飛行機で羽田空港につき、リムジンバスで、バスタ新宿に到着、京王電鉄府中競馬正門前へ移動しながら東京競馬場に着きました。

秀彦さんらは、釧路市阿寒町から阿寒バスで、たんちょう釧路空港へ、日本航空エアバスA380形・ジェット旅客飛行機で、羽田空港に到着、リムジンバスでバスタ新宿につき、同ルートで到着、東京競馬場に入りました。

瑞秀さんも、大空町から、日本航空 エアバスA380・ジェット旅客飛行機で羽田・新宿経由で、東京競馬場に着き入場しました。

 

渡島・石狩・釧路・オホーツクの、各総合振興局・振興局管内の自治体から、集結した馬主たちが、どんな持ち馬で勝負に挑むのか、注目するところです。

 

メイクデビュー・東京に参戦する、出走馬の馬主さんは、ほかに本州・九州からも応援しに来るので、持ち馬とともに、観戦する必要に迫られることになりますが、どの馬主さんらも、感染拡大防止の為、マスクを着用して、パドックと呼ばれる、馬の下見所や出走馬が入場行進する、本馬場に行くことになります、フジビュースタンドの愛称がついた、東京競馬場のスタンドには、競馬ファンが集まります、いずれもコロナウイルス渦の折から、感染拡大防止の関係上、マスクを着用しての観戦になります。

 

ファンファーレと同時に、メイクデビュー・東京の出走の各場が一斉にゲートインします。

 

ガドウイックエクスプレスが1番人気に支持されていて、人気通りに納まるのか、注目されております。

半数近くがゲート内に納まり完了しましたが、後・偶数番号の馬がゲートインをします。

係員が左右に分かれると同時に、メイクデビュー・東京のゲートオープンとともに、スタートを切りましたが、出遅れはありません、きれいな飛び出しを見せます。

選ばれし精鋭素質良血馬たちが、1・2コーナーを通過し、800m標識を通過し、3・4コーナーのカーブを過ぎて、直線コースに入って勝負にかけます。

先頭から見ると、マントヴァが立っていますが、外から2番手のガドウイックエクスプレスがマントヴァをかわして先頭に立ち、2・3・4・5・6馬身差を広げて、1着でゴールイン板を通過しました。

 

優広さん「やった、ガドウイックエクスプレスが勝った。」

正雄さん「見事にデビュー勝ちしたな、今後の活躍が楽しみだよ。」

裕美さん「初勝利したね。」

アリスさん「初めての勝利だ。」

グラシアさん「見事に勝利したわよ。」

白銀さん「勝利したよ。」

ファンタジーちゃん「やったでちゅ、万々歳でちゅよ。」

 

若君さん「おのれ、マントヴァ 2着なんて、残念でならない、次走は勝利させる。」

 

秀彦さん「惜しい、ジェロニモス 3着、次走は勝利させたい。」

 

瑞秀さん「ユーカラ 4着・惜しい、次走は勝利させたい。」

定一さん「ザンギ 5着 くやしい、次走は勝利させていくことにする。」

 

メイクデビュー・東京

 

1着 ガドウイックエクスプレス

父 ウートンバセット 母 ベッラミンニ 毛色・鹿毛

2着 マントヴァ

父 クリソベリル 母 ディアーティエ 毛色・鹿毛

3着 ジェロニモ

父 スクワートルスクワート 母 ディレヌ 毛色・黒鹿毛

4着 ユーカラ

父 ナダル 母 アウトロースター 毛色・鹿毛

5着 ザンギ

父 セイクリムズン 母 ジェントルレディース 毛色・鹿毛

馬名由来

1着 正雄さんがタムラマル=戦国の武将で青函航路の船であったのを考えた、それに対し、弓子さんはミラノストリート=イタリアの通り名を馬名にしたいと考えたのです、裕美さんとアリスさんはエッフェルタワー=フランスのタワー名を推薦し、グラシアさんは、フュッセンリゾート=ドイツのフュッセンからを採用したいと願い出ていて、白銀さんはノダオイ=八雲町の集落名を提案したいとしたので意見が分かれました、結局・優広さん・ファンタジーちゃんが命名したいとしたガドウイックエクスプレス=イギリス ロンドン~ガドウイック エアポート・ブライトン間を結ぶ列車名に馬名が決まりました 外国産馬 

 

2着 中世イタリアにて存在した君主国名 北海道産馬

 

3着 ポルトガル 首都リスボンベレン地区にある修道院名 熊本県産馬

 

4着 アイヌ語叙事詩という意味 北海道産馬

5着 唐揚げの一種 北海道産馬 

馬主

1着 優広さん 北海道・渡島総合振興局管内・二海郡・八雲町

2着 若君さん 北海道・石狩振興局管内・石狩市

3着 秀彦さん 北海道・釧路総合振興局管内・釧路市阿寒町

4着 瑞秀さん 北海道・オホーツク総合振興局管内・網走郡大空町

5着 定一さん 北海道・上川総合振興局管内・上川郡・上川町

 

生産者

1着 クールモア・オーストラリア 

オーストラリア・ニューサウスウエールズ

2着 ノーザンファーム

北海道・胆振振興局管内・勇払郡・安平町

3着 ストーンフィールドファーム

熊本県菊池郡大津町

4着 レックススタッド

北海道・日高振興局管内・日高郡新ひだか町

5着 ビッグレッドファーム

北海道・日高振興局管内・新冠郡新冠

(3へ。)

 

 

 

 

オセアニア州・オーストラリアで生まれた、ウートンバセットが父の産駒 ベッラミンニNo2047

北海道・渡島総合振興局二海郡という新設の郡に属する、八雲町、檜山振興局に所属する、爾志郡・熊石町を合併して発足した、二海郡・八雲町は、酪農と木彫り熊の発祥の地であり、バター飴も、八雲町を発祥の地として知られており、ここから、全道にて、バター飴を生産しております。

 

二海郡という、新設の郡に属する、八雲町は、山越郡に属していた町であり、ここに住む、正雄さん(秀幸さんに相当する。)は、漁師であり、息子の優広さん(優貴さんに相当する。)も漁師として活躍している人間で、副業として競走馬主もしております。

妻の弓子さん(理恵アリックス・エカテリーナさんに相当する。)も漁師で、姉の裕美さん(広子さんに相当する)も漁師をしているほか酪農もしております。

 

優広さんにもスーパーベビーがおりますが、こちらは、ディズニー・リゾートクルーズラインにちなんだ名前が付けられており、ファンタジーちゃん(セバスチャンさんに相当する赤ちゃん)のほか、アリエルさんに相当する、アリスさん、グラードさんに相当する、グラシアさん、大丘さんに相当する、白銀さんなどが住んでいます。

 

去る9月しベッラミンニNo2047が、オセアニア州・オーストラリア(豪州)のクールモア・オーストラリアから、飛行機で海を渡航して、日本に来ました。

 

父・ウートンバセットの産駒で、母・イタリア語でかわいいミニーを意味する、ベッラミンニと呼ばれる、鹿毛牝馬は、現役時代、イタリア人の所有馬として、イタリア・フランス・イギリスと転厩しながら、競争生活を送った実力派の牝馬で、オーストラリア・フレミントン競馬場で行われた、メルボルンカップに参戦するため、オーストラリア遠征を敢行し、2着馬以下を抑えて制覇を果たしたのがラストランとなり、惜しくも引退しました。

ベッラミンニは、翌年から繫殖牝馬として、クールモア・オーストラリアで掲揚生活を開始し、多くの産駒を輩出していて現在も活躍中、配合種牡馬は、ウートンバセットが多く、次いで、Calux・ユーエスネイビーフラックと続いているのです。

 

日本での着地検疫検査をした後、社台ファームで育成され、第3回・産地場体検査を受検した、ベッラミンニNo2047は、栗東の佐彦調教師(佐春調教師に相当する。)の厩舎と預託契約を交わす手続きを完了しました。

 

ゲート練習を行い、ゲート試験を受けた、ベッラミンニNo2047、一発で合格しました。

 

そして、追切を行い、メイクデビューへの近道を進みました。

 

この間、競走馬新規登録をする関係上、馬名を決めなければならないので、話し合いを行いました。

 

正雄さんは、戦国の武将の出会って青函航路の船であった、タムラマルのを考えた、それに対し、弓子さんはイタリアの通りである、ミラノストリートを馬名にしたいと考えたのです、それに対しアリスさんはフランスのエッフェルタワーを推薦し、グラシアさんは、ドイツのフュッセンから、フュッセンリゾートを採用したいと願い出ていて、白銀さんは、八雲町の集落・ノダオイを提案したいとしたので、意見が分かれました、結局・優広さん・ファンタジーちゃんが命名したいとしていた、イギリス ロンドン~ガドウイック・ブライトン間を結んでいる列車・ガドウイックエクスプレスに決まりました。

(グラシアさんが、馬名採用には至らなかったのですが、フュッセンリゾート ドイツのフュッセンからを、馬名に命名したいといった背景には、グラシアさんが、中学時代の旅行で、群馬県沼田市(当時は利根郡・沼田町)に行った想い出があったからですよと、話したからです。)

(2へ。)