米子ステークス(6月19日・阪神競馬場 11レース) 14番・キョウヘイが出走取消で15頭で争われる。

米子ステークスが、6月19日・阪神競馬場の第11レースで行われ、外国産馬・1頭を加えて、16頭で争われるところ、北海道・日高振興局管内・日高郡新ひだか町・生産出身馬のキョウヘイ(Kyohei=人名より 父・リーチザクラウン 母・ショウナンアネーロ 牡・7歳 毛色・鹿毛 生年月日・2014年4月22日生まれ 馬主・瀬谷 隆雄氏 生産者・本桐牧場 所属・栗東 宮本 博厩舎 騎手・高倉 稜 血統名・ショウナンアネーロの2014)が疫病の為出走取消となり、7枠14番絡みで返還馬券が出たので、15頭で争われました。

 

アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントン近郊・マウントホレブパイク&ワイオミング州ジャクソンホール生まれのロータスランド(Lotus Land=イギリス語で桃源郷という意味 父・ポイントオブエントリー 母・リトルミスマフェット 牝・4歳 毛色・鹿毛 生年月日・ 2017年1月31日(日本時間・2017年2月1日生まれ) 馬主・合同会社小林英一ホールディングス 生産者・アーロン・H・ソネス氏(ジャクソンホールトラストカンパニー)&吉田 直哉氏(ウインチェスターファーム) 所属・栗東 辻野 泰之厩舎 騎手・岩田 望來 血統名・リトルミスマフェットの2017)が1分35秒0で優勝、2着には北海道・日高振興局管内・浦河郡浦河町出身馬のスマートリアン(Smat Lian=冠名・スマート+フランス語で絆という意味 父・キズナ 母・スマートオーシャン 牝・4歳 毛色・鹿毛 生年月日・2017年5月12日生まれ 馬主・大川 徹氏 生産者・三嶋牧場 所属・ 栗東 石橋 守厩舎 騎手・幸 英明 血統名・スイートオーシャンの2017)が1 3/4馬身で入り、3着には北海道・日高振興局管内・沙流郡日高町出身生産馬のクラヴァシュドール(Cravache d'Or=フランス語で金の鞭という意味 父・ハーツクライ 母・パスオブドリームズ 牝・4歳 毛色・青鹿毛 生年月日・2017年2月1日生まれ 馬主・株式会社 山紫水明 生産者・下河辺牧場 所属・栗東 中内田 光正厩舎 騎手・川田 将雅 血統名・パスオブドリームズの2017)が首差で入りました。

 

以下・4着には北海道・日高振興局管内・日高郡新ひだか町・生産出身馬のベステンダンク(Besten Dank=ドイツ語でありがとうという意味 父・タイキシャトル 母・ユキノマーメイド 牡・9歳 毛色・栗毛 生年月日・2012年3月4日生まれ 馬主・市川義美ホールディングス株式会社 生産者・服部牧場 所属・栗東 安達昭夫厩舎 騎手・松山 弘平 血統名・ユキノマーメイドの2012)が牡・9歳と高齢になったとはいえ首差で入り、2018年・米子ステークスの優勝馬の貫録を見せつけました。

 

5着には北海道・日高振興局管内・浦河郡浦河町・出身馬の1頭 メイケイダイハード(Meikei Diehard=冠名・メイケイ+イギリス語で最後まで頑張るという意味 父・ハードスパン 母・メイケイソフィア 牡・6歳 毛色・鹿毛 生年月日・2015年4月14日生まれ 馬主・名古屋競馬株式会社 生産者・浦河小林牧場 所属・栗東 中竹和也厩舎 騎手・酒井 学 血統名・メイケイソフィアの2015)1/2馬身差で、6着には北海道・日高振興局管内・沙流郡日高町・生産出身馬のプリンスリターン(Prince Return=イギリス語で王子戻る(王子+戻る)という意味 父・ストロングリターンより連想して命名 父・ストロングリターン 母・プリンセスプライド 牡・4歳 毛色・黒鹿毛 生年月日・2017年4月5日生まれ 馬主・有限会社 コスモヴューファーム 生産者・中館牧場 所属・栗東 加用 正厩舎 騎手・松若 風馬 血統名・プリンセスプライドの2017)が首差で入賞し、7着には北海道・胆振総合振興局管内・勇払郡・安平町出身のガゼボ(Gazebo=西洋風あずま屋 父・ダイワメジャー 母・アマルフィターナ 牡・6歳 毛色・青毛 生年月日・2015年3月3日生まれ 馬主・吉田 和美氏 生産者・ノーザンファーム 所属・栗東 石坂 公一厩舎 騎手・西村 淳也 血統名・アマルフィターナの2015)が1/2馬身差で、8着には北海道・日高振興局管内・浦河郡浦河郡浦河町出身馬の1頭 ラセット(Ruseet=あずき色 父・モンテロッソ 母・ナンヨーサフラウア 牡・6歳 毛色・鹿毛 生年月日・2015年3月2日生まれ 馬主・桂土地株式会社 生産者・三好牧場 所属・栗東 庄野 靖志厩舎 騎手・秋山 員一郎 血統名・ナンヨーサフラウアの2015)がやはり1/2馬身差で、9着は、北海道・石狩振興局管内・千歳市出身のレインボーフラッグ(Rainbow Frag=イギリス語で虹色の旗という意味 平和を象徴する旗 母・レインボーシーカーから連想して命名 父・ジャングルポケット 母・レインボーシーカー 牡・8歳 毛色・鹿毛 生年月日・2013年5月10日生まれ 馬主・株式会社 グリーンファーム 生産者・社台ファーム 所属・栗東 小崎 憲厩舎 騎手・小崎 綾也 血統名・レインボーシーカーの2013)が首差で続きました。

 

10着は北海道・日高振興局管内・日高郡新ひだか町・生産出身馬のヤマカツマーメイド(Yamakatsu Mameid=冠名・ヤマカツ+イギリス語で人魚という意味 父・ロードカナロア 母・ヤマカツマリリン 牝・4歳 毛色・鹿毛 生年月日・2017年4月7日生まれ 馬主・山田 和夫氏 生産者・岡田牧場 所属・栗東 池添 兼雄厩舎 騎手・川須 栄彦 血統名・ヤマカツマリリンの2017)がこちらも首差で入りました。

 

11着には北海道・日高振興局管内・沙流郡日高町出身生産馬のザイツィンガー(Seizinger=人名(カーチャー・ザイツィンガー ドイツ)より 母・ザッハトルテより連想して命名 父・ドリームジャーニー 母・ザッハトルテ 牡・5歳 毛色・芦毛 生年月日・2016年3月25日生まれ 馬主・永田 和彦氏 生産者・森永牧場 所属・栗東 牧田 和弥厩舎 騎手・和田 竜二 血統名・ザッハトルテの2016)が、2 1/2馬身差でそれに続きました。 

 

12着には北海道・胆振総合振興局管内・勇払郡・安平町出身のフランツ(Franz=人名より 父・ディープインパクト(2019年7月30日頸椎骨折による起立不良による安楽死で逝去) 母・ロベルタ 牡・6歳 毛色・鹿毛 生年月日・2015年2月5日生まれ 馬主・近藤 英子氏 生産者・ノーザンファーム 所属・栗東 音無 秀孝厩舎 騎手・福永祐一 血統名・ロベルタの2015)が4 1馬身差で、13着には同じく北海道・胆振総合振興局管内・勇払郡・安平町出身のレッドヴェイロン(Red Veyron=冠名・レッド+人名より 父・キングカメハメハ(2019年8月9日 牡・18歳で逝去) 母・エリモピクシー 牡・6歳 毛色・鹿毛 生年月日・2015年4月21日生まれ 馬主・株式会社 東京ホースレーシング 生産者・ノーザンファーム 所属・栗東 中内田 光正厩舎 騎手・岩田 康誠 血統名・エリモピクシーの2015)が1/2馬身差で入賞しました。

 

14着には北海道・日高振興局管内・沙流郡日高町出身生産馬のテーオービクトリー(T O Victory=冠名・テーオー+イギリス語で勝利という意味 父・ブラックタイド 母・タイキクララ 牝・7歳 毛色・鹿毛 生年月日・2014年3月23日生まれ 馬主・小笹 公也氏 生産者・ヤナガワ牧場 所属・栗東 岡田 稲男厩舎 騎手・太宰 啓介 血統名・タイキクララの2014)がアタマ差で入りました、テーオービクトリー(T O Victory=冠名・テーオー+イギリス語で勝利という意味)は、米子ステークスを最後に引退、2021年6月23日付で競走馬登録を抹消しました。

 

最下位・15着は北海道・胆振総合振興局管内・勇払郡・安平町出身のアンコールプリュ(Encore Plus=前よりもっと(音楽用語) 父・ディープインパクト(2019年7月30日・頸椎骨折による起立不良での安楽死で逝去) 母・オイスターチケット 牝・6歳 毛色・黒鹿毛 生年月日・2015年4月17日日生まれ 馬主・金子真人ホールディングス株式会社 生産者・ノーザンファーム 所属・栗東 友道 康夫厩舎 騎手・藤岡 康太 血統名・オイスターチケットの2015)で、2馬身差で入りました。

 

14番・キョウヘイが疫病の為、出走取消となり、7枠14番絡みで返還馬券が出た、米子ステークスが、無事終了しました。